cocoroサポート・ネット「カミーニョ」

cocoroサポート・ネット「カミーニョ」

男女共同参画

寄付をする

ホーム > 活動レポート > ひとり親家庭子育てシンポジウム 第2部

活動レポート Report

2011/03/10

ひとり親家庭子育てシンポジウム 第2部

続いてのテーマは「子どもを見守り、育む市民性の形成」。和歌山大学准教授の本村めぐみ先生がコーディネーターを務めてくださいました。ゲストは、和歌山県人権啓発センター・課長の橋本耕二さんと、大阪府子ども家庭サポーター・堺市子育てアドバイザーの大森順子さんです。

橋本さんは、父子家庭の父親として娘さんを育てながら、認知症を患った母親の介護をした体験を語ってくださいました。子育てと介護、家事と仕事を担った大変な時期を振り返り「ここまで必死でやってこれたのは、ひとり娘と、支えてくれた近所の方や姉夫婦がいたから。まわりの人に恵まれて、孤立をしなかったからです」としみじみ......。なかなか聞くことができない父子家庭の実情を知る機会となり、とてもありがたかったです。
sympo2-1.jpg

大森順子さんは、大阪府での市民ボランティアの取組みを紹介してくださいました。月に一度、子どもを対象とした「炊き出し」の活動もされているとか。実際の活動を通してのお話を伺っていると、子どもたちの表情まで目に浮かぶようでした。

「親だけで子どもを育てる必要はまったくない。地域の中でみんなで子育てしていくということを、皆さんと一緒に具体的に考えていきたいですね」と大森さん。
sympo2-2.jpg

途中、参加者がいくつかの輪になって話をする時間もありました。子育て中の方、子育てが終わった方、独身の方など、それぞれの立場で「今、子どもたちの事で気になっていること」、「どうやって支えていけるのか」などについて意見を交わしました。4、5人が膝を付き合わし、気軽で和やかな雰囲気です。

最後に本村先生がひとこと。「これからは、みんなで寄ってたかって子育てをする。子どもたちに関心を持つのはほとんど義務。そんな気持ちが私たちの中に根付いたらいいなと思います」。

今回のシンポジウム、健やかな地域社会づくりに向けての一歩としたいですね!

【参加者のアンケートより】

● データを裏付けて説得力のあるお話でした。色々な人と出会えてよかったです。皆さんに励まされました。(女性・34歳)

● 数値的な分析、本当に大切なことだと思います。ネットワークで支えるということが大切ですよね。改めて感じました。(男性・45歳)

● 今を生きる子ども、そして我々大人がどう生きていくか。じっくり考えることができました。立場の違う方々の意見を聞くことが出来、面白かったです。(女性・52歳)

● 他人から助けてもらったり可愛がってもらったり、認めてもらったりという経験が、特に思春期以降の子どもたちに大切で自信につながると思う。社会全体で支える...重要な視点だと思っています。(女性・42歳)

コメント

は必須項目です。

お問い合わせ

 

Tel:080-2519-4481

Fax:073-475-0670

Email:cocoro-s-c-9963@trad.ocn.ne.jp

Copyright©2012 - 2017 cocoroサポート・ネット「カミーニョ」. All rights reserved.