NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

医療

寄付をする

ホーム > 活動レポート > メルマガ > 【いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ vol.5

活動レポート Report

2012/06/06

【いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ vol.5

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<1>スタッフのひとこと
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
季節は梅雨へと移り、あちらこちらに紫陽花の花がしっとりと咲き、雨つぶの向こうに彩りを楽しませてくれます。
 
日本の四季には梅雨はなくてはならないものだと思いますが、日本中で被害を及ぼしているゲリラ豪雨になどならずに、穏やかに降ってほしいと願うばかりです。
 
 
さて、いきいき和歌山がんサポートの総会が5月27日に開催され、おかげさまで無事終了いたしました。
 
総会では、良い節目となるよう、みなさまキリリと気を引き締めて、私も緊張の面持ちで出席しました。そして「これからもなお一層、和歌山のがん患者さんのより良い環境づくりに向けて活動して行こう」という意気込みを、理事長をはじめ、役員、スタッフの誰もが共通して持っているように感じました。
参加された会員のみなさま、ありがとうございました。
 
なおりん
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<2>活動報告
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 ◇スタッフ有志で、ノルディックウォーキングを体験してきました。
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11267213230.html
 
 ◇今年もケア帽子のプロジェクトが始まろうとしています。
ケア帽子作成のため、ミシンを大募集!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11259169399.html
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<3>役に立つ情報を紹介
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
ここでは、がんにまつわる情報を紹介していきます。
今月も、月刊誌「がんサポート」の記事からピックアップしました。
 
【生きる力が湧くキレイ塾~がんと口腔ケア~】
2012年から、国立がん研究センターと日本医師会による、医療連携の事業が始まっています。
この事業は、がん治療中の患者さんにさまざまな口腔合併症がおこりやすいという現状から、がん治療に関する講習を受けた歯科医師に、国立がん研究センターが患者さんを紹介し、治療が始まる前から口腔状態を改善することで、より良いがん治療につなげようというものです。
 
鶴見大学歯学部の小林馨さんは、「がん患者さんは手術や、化学療法、放射線治療などを受ける可能性が非常に高いですよね。すると抵抗力が弱まり、口の中に炎症が起き、悪化しやすくなります。また、口の中が乾燥し唾液が減ると、自浄作用が働かずに、もともとあった虫歯や歯周病も悪化しやすい。ですから、がんと診断されたら、まず口腔ケアをしておくことは治療を進めるためにとても大切なことです。」と話されます。
 
次に話を伺うのは、同大学病院で口腔外科の治療とケアの指導に当たる山本英雄さん。「残念ながら、がんの治療が始まると、歯の積極的な治療はできません。がんの治療中で抵抗力が弱っているときに、治療はもちろん、歯の清掃だけでもと安易に傷つけると、体に余計な細菌を入れることになり、合併症のリスクが上がるのです。」
では事前にどこまでケアをしておくと安心でしょうか。
「虫歯や歯周病の治療を可能な範囲でし、歯石や歯の汚れを専門家にとってもらい、細菌の総量を減らすことが大切です。そのあとは1日1回でも歯の汚れを1本1本丁寧にとってあげれば、リセットできます。とくに治療の副作用の項目に、口の中の症状が書いてあった場合は、できるだけ歯科を受診してほしいですね。」
 
がんになってパニックになっているときに、歯の治療といわれても、ピンときませんが、医師も歯科医師も、口腔ケアはがん治療の一環だという認知を、もっと徹底すべきですし、患者も知っておかないといけないことですね。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<4>今月のイベント情報
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
◇再発患者さんの会【結い】
6月19日(火)13時~15時 黒田事務所
どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)
 
◇がん患者・家族サロン【あい愛サロン】
6月23日(土)14時~16時 和歌山ビッグ愛9階会議室C
 どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)
 
◇こっとんカフェ
6月13日(水)12時30分~14時30分 黒田事務所
6月27日(水)10時~12時 黒田事務所
*今月は、ケア帽子作りに限らず、小物作りもしていく予定です。
皆様もアイデアがあれば教えてください。
帽子作りのボランティアをしてくださる方もドシドシ募集しています!
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<5>今月の各病院のサロンの情報
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
◇南和歌山医療センター 地域連携室(0739-26-7063)
がん患者サロン【和み(なごみ)】
6月8日14時~16時 1階患者情報室
 
◇公立那賀病院 地域連携室 (0736-78-3892)
がん患者サロン【那賀いきいきサロン】
6月14日(木)15時~17時 2階会議室
6月28日(木)15時~17時 2階会議室
(毎月第2、第4木曜日)
 
◇県立医科大学付属病院 地域連携室(073-441-0778)
がん患者サロン【わ】(医大の患者さん対象で予約制)
6月15日(金)15時~16時 2階相談室
(毎月第3金曜日)
 
◇和歌山ろうさい病院 がん相談支援センター(073-451-3181)
がん患者サロン【心愛(ここあ)】
6月15日(金)14時~16時 1階相談室1
(毎月第1・第3金曜日)
 
◇日本赤十字和歌山医療センター
がん患者サロン(日赤の患者さん対象)
6月21日(木)15時~17時 患者図書室(南館1階)
(毎月第3木曜日)
 
◇社会保険紀南病院 地域連携室(0739-22-5118)
がんサロン【ふれあい】
7月6日(金)14時~16時 2階第5会議室
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
○配信停止やメールアドレスの変更も下記アドレスにお知らせください。
○このメールマガジンを無断で複製・転載・転用することを禁じます。
 
このメールマガジンには返信はできません。
ご質問やお問い合わせ先はikiiki-wcs@fz-web.comまでメールしてください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いきいき和歌山がんサポート < ikiiki-wcs@fz-web.com >
〒640-8341 和歌山市黒田104-1 なかもとビル302号
TEL & FAX : 073-499-4641
official web site URL : http://ikiiki-wcs.fz-web.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

コメント

は必須項目です。

最新コメント

月別アーカイブ

RSS

お問い合わせ

〒640-8267 和歌山市芝ノ丁8番地

Tel:073-427-6050

Fax:073-427-6050

(事務局員不在の場合は留守番電話対応になります)

Email:ikiiki@jimotoryoku.jp

Copyright©2012 - 2018 NPO法人 いきいき和歌山がんサポート. All rights reserved.