NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

医療

寄付をする

ホーム > 活動レポート > メルマガ > 【いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ vol.9

活動レポート Report

2012/10/03

【いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ vol.9

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<1>     スタッフのひとこと

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

私は最近、朝起きたら家の廻りを30分程度ですが、散歩しています。いつものコースで変化も少ないのですが毎日会う犬を連れたご夫婦や、お姉さんお兄さんと「おはようございます」あいさつすると不思議に今日も一日無事に過ごせるなあと感じます

田んぼのあぜ道に彼岸花がいてきましたよ。朝少し早く起きてちょこっと歩く。

おすすめです。

                     とぱーず


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<2>活動報告

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ◇和歌山県内にある7つのサロンの連携を強め、患者さんのサポートを
よりよくしていけるようにと「和歌山県がんサロンネットワーク」を立ち上げました!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11345663511.html

 ◇9月6日、こっとんカフェにて、カトラリーケースを仕上げました!
最初の頃から比べると、少し慣れてきたかな?
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11353155356.html

 ◇9月7日、ろうさい病院のサロン『心愛(ここあ)』に行ってきました。
患者さんが少しでも前向きになってくれることが嬉しいです!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11360793742.html


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<3>がんにまつわる情報を紹介

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ここでは、がんにまつわる情報を紹介しています。今月は 毎日新聞のくらしナビから、医師・作家の鎌田實さんの記事を紹介します。


さあこれからだ(毎日新聞 9月8日)
「おい、夕日がきれいだぞ」ぼくには3人の孫がいる。普段は離れて暮らしているが彼らが遊びに来た夕刻、僕はよく、こんな声をかけている。まだ小さくてやんちゃ盛りだが、ほんの少しの時間、動きを止めて、夕日を眺めてくれる。散歩しながら、野に咲く小さな花を見つけると、僕は「頑張っているな」なんて、わざと言葉に出す。孫たちも、小さな花に興味を持つようになった。
身の回りの自然に興味を持ち、感動することは大事だ。感動すると、俗に「幸せホルモン」とも言われるセロトニンが分泌される。幸せな気持ちにしてくれるホルモンだ。
ぼくたちの社会はストレスが多い。うつ病の人は100万人と言われている。うつ病ほどではないが、気持ちがうつうつとしている人は8人に1人というデータもある。うつ病の治療に関しては、脳内のセロトニンの濃度を保つ薬がある。病気とまでは言えない人は普段からセロトニンを分泌する習慣をつけるといい。
セロトニンの原料になるのは必須アミノ酸の一種、トリプトファン、赤身の魚やチーズに含まれている。これらを少し意識して食べたい。
夕飯をみんなで食べる時、我が家では「うまい」と声に出して言う習慣ができている。「おいしい」と言って味わうと、セロトニンが分泌しやすくなる。何より、食卓が楽しくなる。
幸せホルモンにはもう一つ、オキシトシンというホルモンがある。赤ちゃんにおっぱいをあげている時に、お母さんの脳内に分泌されることで知られるようになったが、感染症を予防してくれたり、痛みを緩和してくれたり、生きる力を与えてくれることもわかってきた。オキシトシンは、「相手の身になって人の役に立とうとしている時」にも分泌されることがわかってきたのだ。
 セロトニンが「自分を幸せにする」ホルモンなら、オキシトシンは「他の誰かを幸せにする」ホルモンだ。「何で、あんなに元気なのか」と不思議に思えるくらい、人のために忙しく走り回っている人がいるが、たぶん、オキシトシンがその人を元気にしているのではないかと思う。自分を幸せにするセロトニンと、ほかの誰かを幸せにするオキシトシンが両方分泌されれば、心も体も元気になる。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<4>今月のイベント情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇再発患者さんの会【結い】
10月16日(火)13時~15時 黒田事務所
どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)

◇がん患者・家族サロン【あい愛サロン】
10月27日(土)14時~16時 ビッグ愛9階会議室C
 どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)

◇こっとんカフェ
10月10日(水)10時~12時 黒田事務所
10月24日(水)10時~12時 黒田事務所
✰帽子作りのボランティアをしてくださる方募集中です!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<5>今月の各病院のサロンの情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇社会保険紀南病院 地域連携室☎0739-22-5118
がんサロン【ふれあい】
10月5日(金)14時~16時 2階第5会議室

◇和歌山ろうさい病院 がん相談支援センター☎073-451-3181
がん患者サロン【心愛(ここあ)】
10月5日(金)14時~16時 1階相談室1
10月19日(金)14時~16時 1階相談室1(毎月第1・第3金曜日)

◇公立那賀病院 地域連携室☎0736-78-3892
がん患者サロン【那賀いきいきサロン】
10月11日(木)15時~17時 2階会議室
10月25日(木)15時~17時 2階会議室(毎月第2、第4木曜日)

◇南和歌山医療センター 地域連携室☎0739-26-7063
がん患者サロン【和み(なごみ)】
10月12日(金)14時~16時 1階地域医療センター(薬局のとなり)

◇日本赤十字社和歌山医療センター 医療連携課☎073−422−4171
がん患者サロン(日赤の患者さん対象)
10月18日(木)15時~17時 患者図書室(南館1階)(毎月第3木曜日)

◇県立医科大学付属病院 地域連携室☎073-441-0778
がん患者サロン【わ】(医大の患者さん対象で予約制)
10月19日(金)15時~16時 2階相談室(毎月第3金曜日)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<6> お知らせ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇みなさまとの交流の場として、短歌や俳句、川柳などを募集しています。
なにげなくふっと浮かんだ句を、気軽に送ってください!
送り先は、ikiiki-wcs@fz-web.comまで。
どしどしご参加ください。お待ちしています!

✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻
配信停止やメールアドレスの変更も下記アドレスにお知らせください。
○このメールマガジンを無断で複製・転載・転用することを禁じます。

このメールマガジンには返信はできません。
ご質問やお問い合わせ先はikiiki-wcs@fz-web.comまでメールしてください。
✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻

 

 

 

コメント

は必須項目です。

最新コメント

月別アーカイブ

RSS

お問い合わせ

〒640-8267 和歌山市芝ノ丁8番地

Tel:073-427-6050

Fax:073-427-6050

(事務局員不在の場合は留守番電話対応になります)

Email:ikiiki@jimotoryoku.jp

Copyright©2012 - 2018 NPO法人 いきいき和歌山がんサポート. All rights reserved.