NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

医療

寄付をする

ホーム > 活動レポート > 日々の活動

活動レポート Report 日々の活動

2017/03/28

がん患者就労支援意見交換会に参加しました

2017年3月19日 難波生涯学習センター 第3回がん患者就労支援意見交換会に参加 させていただきました。

 大阪府立成人病センターの取り組み、 社労士さん、企業さんの事例発表のあと、 グループディスカッション。

 病院(相談員)・医師・社労士・弁護士・企業・ がん患者・患者支援団体など他職種が集まって 意見交換。

 印象的だったことは、東京都から優良企業として 表彰された中小企業の社長さんの事例発表でした。

会社全体でがん患者の支援に取り組まれている 様子が素晴らしいと感じました。

ぜひ和歌山でも他職種の方々が集まって 意見交換会を実施したいと思いました。

主催された「どうするBOKS」様ありがとう ございました。とても参考になりました。

2016/04/20

2015年度いきいき和歌山がんサポート会報

2016年度に入り、いきいき和歌山がんサポートは、ピアサポーターフォローアップ研修や、和歌山県立図書館との連携プロジェクトやなど新しい活動を開始しています。

昨年度(2015年度)の活動をまとめた会報を作成しましたので、掲載します。下記リンクよりPDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。

2015ikiikiwakayama.pdf

2014/06/16

【開催報告】リレー・フォー・ライフ・ジャパン2014わかやま

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2014わかやま【終了しました!】

日時: 2014 年 5月24日12時00分~25日13時00分
場所: 和歌山公園 砂の丸広場

NPO法人 いきいき和歌山がんサポートは、「リレー・フォー・ライフ・ジャパン わかやま」のブース企画に出展。

 特設がんサロン開催日時:2014年5月24日(土)13時~17時
 会場内ブースにて、ピアサポーターが相談対応する「特設がんサロン」を運営いたしました。

 ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。来年もみなさんが憩えるお休み処を提供していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

2013/03/07

交流会

o0327024512447218074.jpg

o0327024512447218073.jpg

o0327024512447218071.jpg

o0327024512447218072.jpg

 

2013年3月6日(水)

 

本日は事務所活動日と県のNPO・県民活動推進室主催の

「交流会・広報セミナー」が重なりました。

 

研修会参加組の事務局スタッフ、Yさん、Tさん、Iの

3人は朝10時~16時まで自治会館にて約20の

NPO団体との交流会に行ってきました。
 

参加団体は「新しい公共支援事業」の関係者です。音譜

「マルチステークホルダー・プロセスの継続・発展に向けて」

というテーマで、メリット、デメリットをディスカッション。

各団体とのグループディスカッションは緊張でした。キラキラ

 

いろんな分野のNPO活動をご紹介いただきました。

皆さん、苦労しておられることや、頑張っておられる

ことを話しあいました。


お世話になっているNPOセンターのスタッフに会うと

ほっとしました。ラブラブ

和大の足立先生や福岡NPOセンターの古賀桃子先生

のご講演はとても参考になりました。メモ

 

一方、留守番組のNさんはメルマガ発信、Iさんは名簿の整理、

Kさん、Mさん、Hさんはリーフレット500部の三つ折り

作業をしてくださいました。あせる

 

見事な連係プレーで、夕方事務所に帰ると、リーフレット

500部がきれいに整理されていました。チューリップ赤

 

追伸:シュークリームの差し入れごちそう様でした。チョキ

 

皆さんお疲れ様でした。(*^。^*)

ハチドリ青い鳥2

 

2013/03/07

谷野先生の深~いぃお話し

 

 昨日も今日も春日和ですねチューリップ赤花粉症も辛いですが・・・あせる



 


 さて、先日3月3日のお雛祭りの日に和歌山県立図書館主催で講演会が開催されました。


当NPO法人いきいき和歌山がんサポートの理事長を務める北里大学医学部外科講師の谷野裕一氏が 「がんとは何か、どう向き合って生きるか」 をテーマにお話しされました。


 「自分の家を建てるのに、建築屋にすべて任せますか?」と問われたことが、とても印象深く心に残りました。

 

 

o0800051612447837417.jpg

 

 

自分の身体を治療するために、自分の人生を生きるため、ご自身の病態や治療の内容をしっかり知ること。自分で治療を選択し自分の人生を生きることが大切・・・。


そのためには医療者も患者さまに必要なだけ情報を提供し患者さまとしっかり向き合い一緒に治療を考えることが大切・・・。


谷野先生のお話しは 深~いぃ お話しでした。



 


治療以外に、お金の事・利用できる福祉・家族の事・仕事のことなど がんになったら心配や疑問が沢山出てきます。そんな心配ごとや疑問を相談できる場所も患者さまには必要ですね。


各地域のがん診療連携拠点病院には「がん相談所」があります、「がんサロン」もあります。医師や看護師だけではなく、こういった場所で相談するのもいいですね。


あっ!和歌山県立図書館に「がんに関する書籍コーナー」が設置されました。ここも、必見ですよニコニコ



 


                                   杉やん音譜

1  2  3

お問い合わせ

〒640-8267 和歌山市芝ノ丁8番地

Tel:073-427-6050

Fax:073-427-6050

(事務局員不在の場合は留守番電話対応になります)

Email:ikiiki@jimotoryoku.jp

Copyright©2012 - 2014 NPO法人 いきいき和歌山がんサポート. All rights reserved.