NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

医療

寄付をする

ホーム > 活動レポート > メルマガ

活動レポート Report メルマガ

2012/10/29

【号外 いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ 号外vol.1

 

【号外 いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ 号外vol.1

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

スタッフのひとこと

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

みなさまこんにちは。いきいき和歌山がんサポート事務局です。

いつもメルマガを読んでくださり、本当にありがとうございます。

さて今回は、いつもとは違い、【号外】として、「第1回和歌山県がん患者ピアサポーター養成研修(初級編)」についてご報告とお願いをさせていただきます。いきいき和歌山がんサポートが県内の他のサロンと協力しながら行う、新しい取組みです。

ぜひ、ご協力ください。

 

■プレスリリースはこちらです。

http://jimotoryoku.jp/ikiiki/news/2012/10/post-6.php

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

「がん患者ピアサポーター養成研修(初級編)」を開催します。

・今後サロンの運営をお手伝いいただける方

・ピアサポートに興味のある方

・自分のつらい体験を活かして未来の患者さんのお役に立ちたい方

ぜひご参加ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

第1回和歌山県がん患者ピアサポーター養成研修(初級編)の説明会について

 

私たちが取り組んで来た「がん患者サロン」のような、患者さん同士・ご家族同士が不安や悩みや日頃のことなどを話すようなことを「ピアサポート」と言います。こうした取組みはご存知のとおり徐々に広がりつつあり、また国も政策として進めようとしているところです。

 

しかし、まだまだ広く認知されているとは言いがたく、またピアサポーター(ピアサポートをする人)も圧倒的に足りない状況にあります。私たちは、ピアサポートをもっともっと広げていき、患者さんたちが気軽に話し合えるような場を増やしていきたいと考えています。

 

そこでこのたび、がん患者サロンのようなピアサポートの取組みを広く知ってもらい、またいま現にがん患者として悩んでおられる方々に寄り添うピアサポーターを養成するために、公益財団法人日本対がん協会のプログラムに沿って、ピアサポーター養成研修を行うこととしました。

 

今、受講生を募集しています。今後サロンの運営をお手伝いいただける方、ピアサポートに興味のある方、自分のつらい体験を活かして未来の患者さんのお役に立ちたい方は、是非ご参加いただけたらと思います。

 

また、11月4日(日)には、養成研修について知っていただくための説明会を開催いたします。こちらは申込不要ですので、お気軽にお越しください。みなさまにお会いできるのを楽しみに待ってます。

 

■プレスリリースはこちら。

http://jimotoryoku.jp/ikiiki/news/2012/10/post-6.php

 

■募集要項はこちら。

http://jimotoryoku.jp/ikiiki/news/docs/yoko_peersupport_20121201.pdf

 

■研修概要
【研修時間】 約6時間 × 2日 計12 時間(昼食及び休憩時間を除く)
【日  程】
12月1日(土) 10:00 ~ 17:00(9:30より受付)

12月2日(日) 10:00 ~ 17:00
※1日のみの受講はできません。2日間連続で受講してください。
【定  員】 30名
【受講料】 4,000円(2日間のテキスト・DVD・昼食お弁当代を含む)
【場  所】
1日目:県民交流プラザ ビッグ愛(和歌山市手平2丁目1-2)9階 会議室A

2日目:県民交流プラザ ビッグ愛 4階 会議室(和歌山市医師会)
【主  催】 和歌山県がん患者ピアサポーター養成研修実行委員会
【協  力】 和歌山がんサロンネットワーク

■説明会
日時:平成24年11月4日(日)14:00~15:00 (受付:13:30~)
場所:県民交流プラザ ビッグ愛(和歌山市手平2丁目1-2)9階 会議室C


■お問合せはこちらまで。
NPO法人いきいき和歌山がんサポート 事務局
TEL:073-499-4641(水曜日10:00~17:00のみ) FAX:073-499-4641
Email:ikiiki@jimotoryoku.jp

 

✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻

○配信停止やメールアドレスの変更も下記アドレスにお知らせください。

○このメールマガジンを無断で複製・転載・転用することを禁じます。

 

このメールマガジンには返信はできません。

ご質問やお問い合わせ先はikiiki-wcs@fz-web.comまでメールしてください。

✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 いきいき和歌山がんサポート < ikiiki-wcs@fz-web.com >
 〒640-8341 和歌山市黒田104-1 なかもとビル302号
 TEL & FAX : 073-499-4641
 official web site URL : http://ikiiki-wcs.fz-web.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2012/10/03

【いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ vol.9

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<1>     スタッフのひとこと

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

私は最近、朝起きたら家の廻りを30分程度ですが、散歩しています。いつものコースで変化も少ないのですが毎日会う犬を連れたご夫婦や、お姉さんお兄さんと「おはようございます」あいさつすると不思議に今日も一日無事に過ごせるなあと感じます

田んぼのあぜ道に彼岸花がいてきましたよ。朝少し早く起きてちょこっと歩く。

おすすめです。

                     とぱーず


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<2>活動報告

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ◇和歌山県内にある7つのサロンの連携を強め、患者さんのサポートを
よりよくしていけるようにと「和歌山県がんサロンネットワーク」を立ち上げました!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11345663511.html

 ◇9月6日、こっとんカフェにて、カトラリーケースを仕上げました!
最初の頃から比べると、少し慣れてきたかな?
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11353155356.html

 ◇9月7日、ろうさい病院のサロン『心愛(ここあ)』に行ってきました。
患者さんが少しでも前向きになってくれることが嬉しいです!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11360793742.html


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<3>がんにまつわる情報を紹介

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ここでは、がんにまつわる情報を紹介しています。今月は 毎日新聞のくらしナビから、医師・作家の鎌田實さんの記事を紹介します。


さあこれからだ(毎日新聞 9月8日)
「おい、夕日がきれいだぞ」ぼくには3人の孫がいる。普段は離れて暮らしているが彼らが遊びに来た夕刻、僕はよく、こんな声をかけている。まだ小さくてやんちゃ盛りだが、ほんの少しの時間、動きを止めて、夕日を眺めてくれる。散歩しながら、野に咲く小さな花を見つけると、僕は「頑張っているな」なんて、わざと言葉に出す。孫たちも、小さな花に興味を持つようになった。
身の回りの自然に興味を持ち、感動することは大事だ。感動すると、俗に「幸せホルモン」とも言われるセロトニンが分泌される。幸せな気持ちにしてくれるホルモンだ。
ぼくたちの社会はストレスが多い。うつ病の人は100万人と言われている。うつ病ほどではないが、気持ちがうつうつとしている人は8人に1人というデータもある。うつ病の治療に関しては、脳内のセロトニンの濃度を保つ薬がある。病気とまでは言えない人は普段からセロトニンを分泌する習慣をつけるといい。
セロトニンの原料になるのは必須アミノ酸の一種、トリプトファン、赤身の魚やチーズに含まれている。これらを少し意識して食べたい。
夕飯をみんなで食べる時、我が家では「うまい」と声に出して言う習慣ができている。「おいしい」と言って味わうと、セロトニンが分泌しやすくなる。何より、食卓が楽しくなる。
幸せホルモンにはもう一つ、オキシトシンというホルモンがある。赤ちゃんにおっぱいをあげている時に、お母さんの脳内に分泌されることで知られるようになったが、感染症を予防してくれたり、痛みを緩和してくれたり、生きる力を与えてくれることもわかってきた。オキシトシンは、「相手の身になって人の役に立とうとしている時」にも分泌されることがわかってきたのだ。
 セロトニンが「自分を幸せにする」ホルモンなら、オキシトシンは「他の誰かを幸せにする」ホルモンだ。「何で、あんなに元気なのか」と不思議に思えるくらい、人のために忙しく走り回っている人がいるが、たぶん、オキシトシンがその人を元気にしているのではないかと思う。自分を幸せにするセロトニンと、ほかの誰かを幸せにするオキシトシンが両方分泌されれば、心も体も元気になる。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<4>今月のイベント情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇再発患者さんの会【結い】
10月16日(火)13時~15時 黒田事務所
どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)

◇がん患者・家族サロン【あい愛サロン】
10月27日(土)14時~16時 ビッグ愛9階会議室C
 どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)

◇こっとんカフェ
10月10日(水)10時~12時 黒田事務所
10月24日(水)10時~12時 黒田事務所
✰帽子作りのボランティアをしてくださる方募集中です!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<5>今月の各病院のサロンの情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇社会保険紀南病院 地域連携室☎0739-22-5118
がんサロン【ふれあい】
10月5日(金)14時~16時 2階第5会議室

◇和歌山ろうさい病院 がん相談支援センター☎073-451-3181
がん患者サロン【心愛(ここあ)】
10月5日(金)14時~16時 1階相談室1
10月19日(金)14時~16時 1階相談室1(毎月第1・第3金曜日)

◇公立那賀病院 地域連携室☎0736-78-3892
がん患者サロン【那賀いきいきサロン】
10月11日(木)15時~17時 2階会議室
10月25日(木)15時~17時 2階会議室(毎月第2、第4木曜日)

◇南和歌山医療センター 地域連携室☎0739-26-7063
がん患者サロン【和み(なごみ)】
10月12日(金)14時~16時 1階地域医療センター(薬局のとなり)

◇日本赤十字社和歌山医療センター 医療連携課☎073−422−4171
がん患者サロン(日赤の患者さん対象)
10月18日(木)15時~17時 患者図書室(南館1階)(毎月第3木曜日)

◇県立医科大学付属病院 地域連携室☎073-441-0778
がん患者サロン【わ】(医大の患者さん対象で予約制)
10月19日(金)15時~16時 2階相談室(毎月第3金曜日)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<6> お知らせ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇みなさまとの交流の場として、短歌や俳句、川柳などを募集しています。
なにげなくふっと浮かんだ句を、気軽に送ってください!
送り先は、ikiiki-wcs@fz-web.comまで。
どしどしご参加ください。お待ちしています!

✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻
配信停止やメールアドレスの変更も下記アドレスにお知らせください。
○このメールマガジンを無断で複製・転載・転用することを禁じます。

このメールマガジンには返信はできません。
ご質問やお問い合わせ先はikiiki-wcs@fz-web.comまでメールしてください。
✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻

 

 

 

2012/09/05

【いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ vol.8

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<1>     スタッフのひとこと

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 真夏のうだるような暑さはほんの少し影をひそめ、朝晩は涼しくなってきました。
うっかりすると風邪をひいてしまいそうです。でもまだまだ昼間のお日様はギラギラと夏の日差しですね。
みなさま、夏バテは大丈夫でしたか?
これからはようやく、収穫の秋です。鮮やかな緑の田んぼも、だんだんと黄金色に変化してきて、
たわわに実った稲穂がこうべを垂れてきます。
毎年見られるたびに、しみじみとしたよろこびを感じる日本の景色です。

                     なおりん


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<2>活動報告

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ◇8月8日、こっとんカフェを開催しました。手作りクラフトの先生に来ていただき、
小物入れを教えていただきました。そしてこの日、寄付していただいたお金で購入
できた念願のミシンが到着!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11328760506.html

 ◇7月20日、ビアガーデンで、あい愛サロンと那賀いきいきサロン合同の
交流会を開催しました。総勢22名で熱気ムンムン!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11317656797.html

◇和歌山県がんサロンネットワークを立ち上げました。
がん患者さんの日々がより良いものとなるようにと願うサポーターが集まって、熱心に意見交換しています!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11345663511.html


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<3>がんにまつわる情報を紹介

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ここでは、がんにまつわる情報を紹介していきます。今月は、読売新聞の医療コラムから、
100歳の双子のおばあちゃんでおなじみだったぎんさんの娘たちの記事をご紹介します。

がんになっても前向きに (読売新聞 8月28日 朝刊くらし面)
 かかあ天下を公言していたぎんさん。娘たちを厳しく叱ることもあったが、いつも優しく見守っていたのが、
夫の園次郎さんだった。そんな穏やかな性格を最も受け継いだのが、四女の佐野百合子さん(91)。
ぎんさんの教え通りに好きなことを言い合う姉妹の間で、潤滑油的な存在になっている。
大病知らずの姉妹の中にあって、百合子さんは80歳の時に乳がんが見つかった。
「寝たきりで死ぬより、がんで死ぬほうが良い。」弱気になって最初は嫌がっていたが、
家族や姉妹の説得で手術を受けた。慶応大講師の広瀬信義さんによると、100歳以上の人の約2割はがんを経験している。
がんは、遺伝子が傷ついて異常が蓄積することで発症する。高齢者になるほど発症は増え、
ある意味、高齢者にとって避けられない病気でもある。広瀬さんは「がんになっても、
あきらめずに前向きに病気に立ち向かうことが大切。むしろ本当に気をつけなければいけないのは糖尿病」と指摘する。
糖尿病は、血管をもろくして、心臓病や脳卒中などの原因になる。世界各国の百寿者の調査でも、がんとは対照的に、
糖尿病の経験者はほとんどいない。
夫と新聞販売店を経営していた百合子さんは、大きな虫眼鏡を使って新聞を読むのが日課だ。
園芸が趣味で、庭でチューリップやヒマワリ、コスモスなど季節ごとの花を育てている。大阪大准教授の権藤恭之さんは
「園芸は、手をかけた成果が目に見える。世話をして育てることで、やりがいや幸せにもつながるのだろう」と分析する。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<4>今月のイベント情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇再発患者さんの会【結い】
9月18日(火)13時~15時 黒田事務所
どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)

◇がん患者・家族サロン【あい愛サロン】
9月22日(土)14時~16時  ※今回は黒田事務所にて開催です。
 どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)

◇こっとんカフェ
9月12日(水)10時~12時 黒田事務所
9月26日(水)10時~12時 黒田事務所
✰今月は、ケア帽子作りに限らず、小物作りもしていく予定です。
帽子作りのボランティアをしてくださる方も募集しています!


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<5>今月の各病院のサロンの情報

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇社会保険紀南病院 地域連携室☎0739-22-5118
がんサロン【ふれあい】
9月7日(金)14時~16時 2階第5会議室

◇和歌山ろうさい病院 がん相談支援センター☎073-451-3181
がん患者サロン【心愛(ここあ)】
9月7日(金)14時~16時 1階相談室1
9月21日(金)14時~16時 1階相談室1(毎月第1・第3金曜日)

◇公立那賀病院 地域連携室☎0736-78-3892
がん患者サロン【那賀いきいきサロン】
9月13日(木)15時~17時 2階会議室
9月27日(木)15時~17時 2階会議室(毎月第2、第4木曜日)

◇南和歌山医療センター 地域連携室☎0739-26-7063
がん患者サロン【和み(なごみ)】
9月14日(金)14時~16時 1階地域医療センター(薬局のとなり)

◇橋本市民病院 地域連携室☎0736-34-6116
患者サロン【salon de SAKURA(サロン・ド・サクラ)】(主に乳がん患者さん対象)
9月20日(木)10時~14時 2階第1会議室(奇数月の第3木曜日)

◇日本赤十字社和歌山医療センター 医療連携課☎073−422−4171
がん患者サロン(日赤の患者さん対象)
9月20日(木)15時~17時 患者図書室(南館1階)(毎月第3木曜日)

◇県立医科大学付属病院 地域連携室☎073-441-0778
がん患者サロン【わ】(医大の患者さん対象で予約制)
9月21日(金)15時~16時 2階相談室(毎月第3金曜日)


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<6> お知らせ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇『プレピンクリボン運動 in 和歌山』開催の記事が地域情報誌
リビング和歌山1555号(8月18日)に掲載されていました。
内容はこちら↓
*乳がん講演会
 9月8日(土)午後2時~4時半
 日本赤十字和歌山医療センター(和歌山市小松原)
 新本館12階多目的ホール
①       若年者の乳がん検診について
同センター乳腺外科部/芳林浩史副部長
②       乳がん検診とセルフチェック
同センター/西山恵理乳がん看護認定看護師
③       若年者の子宮がん検診と予防について
同センター第二産婦人科部/吉田隆昭部長

*乳がん無料検診
9月8日(土)午前9時~午後1時半
9月9日(日)午前1時半~午後3時
〈申し込み〉
☎073(428)0281和歌山リビング新聞社
 (月~金曜の午前9時半~午後6時半)

◇新しい試みとして、みなさまとの交流の場ができればと思い、今、和歌や俳句、川柳などを募集しています。
なにげなくふっと浮かんだ句を、気軽に送ってください!
送り先は、ikiiki-wcs@fz-web.comまで。
どしどしご参加ください。楽しみにお待ちしています!

✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻
配信停止やメールアドレスの変更も下記アドレスにお知らせください。
○このメールマガジンを無断で複製・転載・転用することを禁じます。

このメールマガジンには返信はできません。
ご質問やお問い合わせ先はikiiki-wcs@fz-web.comまでメールしてください。
✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻✻

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 いきいき和歌山がんサポート < ikiiki-wcs@fz-web.com >
 〒640-8341 和歌山市黒田104-1 なかもとビル302号
 TEL & FAX : 073-499-4641
 official web site URL : http://ikiiki-wcs.fz-web.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012/08/01

【いきいきメール】いきいき和歌山がんサポート 会員メルマガ vol.7

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<1>     スタッフのひとこと
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
暑中お見舞い申し上げます。
今が一番暑い盛りですが、みなさま、熱中症対策はバッチリでしょうか。
こまめに水分補給をして、ちょっとつかれたかな?と思ったら
迷わず体を休めて、無理のないようにこの暑さを乗り越えていきたいですね。
私は冬生まれだからか、暑さが大の苦手です。
涼しい秋風が待ち遠しい今日この頃です…。
 
さて、和歌や俳句、川柳などをコーナーに取り入れていこうと思っています。
作品をみなさまから大募集です!
なにげなくふっと浮かんだ句を、気軽に送ってくださいね。
送り先は、ikiiki-wsc@fz-web.comまで、
お待ちしています!
 
               なおりん
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<2>活動報告
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 ◇7月7日、がん患者サロン連携会議を開催しました。
和歌山のがん患者サロン担当者が集い、お互いのサロンの情報や問題点を共有して、今後の活動により活かしていける有意義な良い会議となりました。
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11299799876.html
 
 ◇7月25日、こっとんカフェを開催しました。
今回は手作りペーパークラフトの小物入れを教えていただきました。
お菓子とコーヒーをいただきながら、2時間で、何とか出来た…かな?
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11313697240.html
 
◇7月28日、あい愛サロンを開催しました。
「サロンを続けていてよかった!!」と思える、とってもうれしい1日となりました。
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11315266080.html
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<3>役に立つ情報を紹介
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 ここでは、がんにまつわる情報を紹介していきます。今月は、月刊誌「がんサポート」のインタビュー記事を紹介します。
 
こんな医師にかかりたい
「マッサージをしながら患者さんの心の声を聴く」
JR東京総合病院緩和ケア科部長 矢島 直 先生
 
なるべく患者さんと話す時間を作るようにしています。東洋医学を取り入れ、患者さんの指圧やマッサージなども行います。患者さんの足などをマッサージしていると、患者さんは心を開いて、いろいろな話をしてくれるようになります。すると、患者さんがこの人生の最後において何を望んでいるのか、患者さんが希望しているものが見えてくるのです。
「家に帰りたい」というような希望も多いし、「家族と旅行して思い出を作りたい」というものもある。あらかじめ聞いていれば、「体の自由が効いて動けるのは、いつごろまでですよ」というアドバイスができます。患者さんの望みを実現できるよう、医療スタッフがサポートしていく。これも緩和ケアの大切な側面なのです。
 
がんの患者さんは、徹底的に病気と闘う人と、闘わない人に分かれます。
どの道を選ぶかは患者さん次第ですし、標準治療がある場合は、それをきちんと受けることが大切です。しかし、問題は、標準治療による効果がなくなったときに、どうするかということです。さまざまな治療を試して闘い続けるのも一つの方法ですが、頑張りすぎて、かえってつらい思いをしている人も多い。ある段階まで来たら、心に区切りをつけて方向転換し、おだやかな生を目指すことも大切かと思います。
だれにとっても死は未知の世界。そのようなところへ旅立っていく患者さんのために、できるかぎりお手伝いをしたい。痛みにもがいたり、つらい思いをしないで、患者さんがなるべく苦しまず、楽に向こう側へいけるように―そんな思いで、緩和ケアに取り組んでいます。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<4>今月のイベント情報
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
◇再発患者さんの会【結い】
8月21日(火)13時~15時 黒田事務所
どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)
 
◇がん患者・家族サロン【あい愛サロン】
8月25日(土)14時~16時 和歌山ビッグ愛9階会議室C
 どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)
 
*9月22日(土)のあい愛サロンは黒田事務所で開催。
 
◇こっとんカフェ
8月8日(水)10時~12時 黒田事務所
8月22日(水)10時~12時 黒田事務所
*今月は、ケア帽子作りに限らず、小物作りもしていく予定です。
皆様もアイデアがあれば教えてください。
帽子作りのボランティアをしてくださる方も募集しています!
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<5>今月の各病院のサロンの情報
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
◇社会保険紀南病院 地域連携室(0739-22-5118)
がんサロン【ふれあい】
8月3日(金)14時~16時 2階第5会議室
 
◇和歌山ろうさい病院 がん相談支援センター(073-451-3181)
がん患者サロン【心愛(ここあ)】
8月3日(金)14時~16時 1階相談室1
(8月17日はお休みとなりました。)
 
◇公立那賀病院 地域連携室 (0736-78-3892)
がん患者サロン【那賀いきいきサロン】
8月9日(木)15時~17時 2階会議室
8月23日(木)15時~17時 2階会議室(毎月第2、第4木曜日)
 
◇南和歌山医療センター 地域連携室(0739-26-7063)
がん患者サロン【和み(なごみ)】
8月10日(金)14時~16時 1階地域医療センター(薬局のとなり)
 
◇日本赤十字社和歌山医療センター
がん患者サロン(日赤の患者さん対象)
8月16日(木)15時~17時 患者図書室(南館1階)(毎月第3木曜日)
 
◇県立医科大学付属病院 地域連携室(073-441-0778)
がん患者サロン【わ】(医大の患者さん対象で予約制)
8月17日(金)15時~16時 2階相談室(毎月第3金曜日)
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<6> お知らせ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
◇今月8月15日水曜日の事務所は、お盆休みとなります。
 
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
○配信停止やメールアドレスの変更も下記アドレスにお知らせください。
○このメールマガジンを無断で複製・転載・転用することを禁じます。
 
このメールマガジンには返信はできません。
ご質問やお問い合わせ先はikiiki-wcs@fz-web.comまでメールしてください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 いきいき和歌山がんサポート < ikiiki-wcs@fz-web.com >
 〒640-8341 和歌山市黒田104-1 なかもとビル302号
 TEL & FAX : 073-499-4641
 official web site URL : http://ikiiki-wcs.fz-web.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012/07/04

【いきいきメール】い​きいき和歌山がんサポ​ート 会員メルマガ vol.6

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<1> スタッフのひとこと
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 
7月7日は七夕です。織姫と彦星が年に一度会えるという日ですが、
今年はスッキリと晴れて天の川が見られるといいですね。
これからが夏本番ですが、夏の風情も楽しみながら、
みなさまにはくれぐれもご自愛のほどを。
 
さて、我が家の窓には今、少しでも節電になればと
ゴーヤのグリーンカーテンが茂っています。
ゴーヤはジュースにしたり、おなじみのチャンプルーにして
いただいています。てんぷらにしてもおいしいですよ!
 
                                        なおりん
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<2>活動報告
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 
◇6月23日あい愛サロンが開催されました。
同じ患者として、家族として、分かり合える場であり、
いっしょに考えていける場です。
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11286237193.html
 
◇6月からこっとんカフェが始まっています。
小物作りもしています。お友達にも教えてあげてください!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11273393042.html
 
◇6月23日にハッピーワールドフェスティバルに参加しました。
いい空気の中、たくさんの出店や催し物があり、楽しかったです!
ブログで紹介しています!
http://ameblo.jp/ikiiki-wcs/entry-11293481406.html
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<3>役に立つ情報を紹介
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 
ここでは、がんにまつわる情報を紹介していきます。
今月も、月刊誌「がんサポート」の記事からピックアップしました。
 
 
喉頭摘出者が話せるようになる「気管食道シャント法」を広める患者会(悠声会)の活動
 
 喉頭がんや下咽頭がんなどの手術で咽頭を摘出すると、声帯が失われ声が出なくなります。声を取り戻す方法の一つとして、最近、海外で普及が進んでいるのが、「気管食道シャント法」です。気管と食道を「ヴォイスプロテーゼ」と呼ばれるシリコン製の短いチューブでつないで連絡路(シャント)を作ります。そして、ここを通して息を食道内に引き込み、食道の粘膜を震わせて声を出す仕組みです。少しの訓練で、より自然な会話が
できるようになります。
 米国では多くの人がこのシャント法で声を取り戻していますが、日本では5%の人にしか普及していません。また、日々の手入れに一定額の費用もかかることから、患者団体はシャント発声法普及とともに国や自治体の経済的支援を訴えており、東京都世田谷区、豊島区、町田市、八王子市、神奈川県横浜市、福岡県行橋市で公費助成の対象になりました。この動きが広がればいいですね。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<4>今月のイベント情報
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 
◇再発患者さんの会【結い】
7月17日(火)13時~15時 黒田事務所
どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)
 
◇がん患者・家族サロン【あい愛サロン】
7月28日(土)14時~16時 和歌山ビッグ愛9階会議室C
 どちらの病院で治療を受けておられる患者さんも参加できます。
(申し込み不要・出入自由・無料)
*9月22日(土)のあい愛サロンは黒田事務所で開催。
 
◇こっとんカフェ
7月11日(水)10時~12時 黒田事務所
7月25日(水)10時~12時 黒田事務所
 
*今月は、ケア帽子作りに限らず、小物作りもしていく予定です。
皆様もアイデアがあれば教えてください。
帽子作りのボランティアをしてくださる方も募集しています!
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<5>今月の各病院のサロンの情報
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 
◇南和歌山医療センター 地域連携室(0739-26-7063)
がん患者サロン【和み(なごみ)】
7月5日(木)14時~16時 2階会議室
 
◇和歌山ろうさい病院 がん相談支援センター(073-451-3181)
がん患者サロン【心愛(ここあ)】
7月6日(金)14時~16時 1階相談室1
7月20日(金)14時~16時 1階相談室1(毎月第1・第3金曜日)
 
◇社会保険紀南病院 地域連携室(0739-22-5118)
がんサロン【ふれあい】
7月6日(金)14時~16時 2階第5会議室
 
◇公立那賀病院 地域連携室 (0736-78-3892)
がん患者サロン【那賀いきいきサロン】
7月12日(木)15時~17時 2階会議室
7月26日(木)15時~17時 2階会議室(毎月第2、第4木曜日)
 
◇日本赤十字和歌山医療センター
がん患者サロン(日赤の患者さん対象)
7月19日(木)15時~17時 患者図書室(南館1階)(毎月第3木曜日)
 
◇橋本市民病院 地域連携室(0736-34-6116)
患者サロン【salon de SAKURA(サロン・ド・サクラ)】(主に乳がん患者さん対象)
7月19日(木)10時~14時 2階第1会議室(奇数月の第3木曜日)
 
◇県立医科大学付属病院 地域連携室(073-441-0778)
がん患者サロン【わ】(医大の患者さん対象で予約制)
7月20日(金)15時~16時 2階相談室(毎月第3金曜日)
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
○配信停止やメールアドレスの変更も下記アドレスにお知らせください。
○このメールマガジンを無断で複製・転載・転用することを禁じます。
 
このメールマガジンには返信はできません。
ご質問やお問い合わせ先はikiiki-wcs@fz-web.comまでメールしてください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 いきいき和歌山がんサポート < ikiiki-wcs@fz-web.com >
 〒640-8341 和歌山市黒田104-1 なかもとビル302号
 TEL & FAX : 073-499-4641
 official web site URL : http://ikiiki-wcs.fz-web.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1  2

お問い合わせ

〒640-8267 和歌山市芝ノ丁8番地

Tel:073-427-6050

Fax:073-427-6050

(事務局員不在の場合は留守番電話対応になります)

Email:ikiiki@jimotoryoku.jp

Copyright©2012 - 2014 NPO法人 いきいき和歌山がんサポート. All rights reserved.