わかやま地元 応援サイト 地元力をもっと!「ジーモ」

ji-moトップへ

わかやま地元 応援サイト地元力をもっと!「ジーモ」

寄付の学校 〜寄付のなうを日本中から学ぶ〜

ホーム > 特集 > 寄付の学校 〜寄付のなうを日本中から学ぶ〜

【お知らせ】六三園までの送迎バスの時刻・乗車場所が決定しました。

 

▽南海和歌山市駅
12:10発
(有鉄バス乗り場前)
▽JR和歌山駅
12:25発
(JTB前)
▽六三園
12:45着

 


 

地域における公益的な活動を支える"寄付”について、その意義や効果、獲得方法に至まで様々な角度から学べます。

 
最新のイベントチラシは こちら からダウンロードできます!!
 

 

プログラム

1時間目

基調講演「あしなが運動に学ぶ、支援の輪の広げ方」
 あしなが育英会は、病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。国などからの補助金・助成金は受けず、すべて寄付金で運営されており、その寄付の9割以上は個人の方からです。今や年間の事業規模は30億円超となり支援する学生も6,000名を超えます。また現内閣において下村博文文部科学大臣があしなが奨学生出身初の大臣となるなどその実績は高く評価されています。若い人々や庶民が運動を育てた「若者立」「庶民立」の40年を超えるあしなが運動から支援の輪の広げ方を学びます。
講師
 山北洋二さん:あしなが育英会 常勤監事
 

2時間目 ー和歌山のなうー

分科会①「目指せJリーグ!市民が支えるチームづくりで!」
 和歌山からJリーグを目指すアルテリーヴォ和歌山にも、今年後援会が発足し、市民サポーターの更なる獲得が始まりました。この分科会では、地域の様々な主体をまきこんで運営されている市民型スポーツクラブなど、岡山におけるまちづくりの事例からサポーター獲得のヒントを学びます。
講師
 児玉佳世子さん:アルテリーヴォ和歌山 ゼネラルマネージャー
 Jリーグチーム運営会社(予定)
コーディネーター
 石原達也さん:(一財)みんなでつくる財団おかやま 理事
 
分科会②「人と地域をつなぎ合わせる映画づくり」
 日本初の映画づくりが注目を集めています。映画「ねこにみかん」は資金サポーターの仕組みを地元がつくり製作された映画です。寄付によって支えられる映画づくりだからこそできた事、生まれた効果などを戸田監督と、地元で応援団として映画づくりを支えられた上野山さんからお聞きします。
講師
 戸田彬弘さん:「ねこにみかん」映画監督
 上野山栄作さん:ねこにみかん応援団
コーディネーター
 戸田幸典さん:(公財)京都地域創造基金 専務理事・事務局長
 
分科会③「日本初 社会貢献型ソーラーバーク事業」
 受け取る寄付から共に生み出す寄付へ。太陽光発電の利益を地元の市民活動に寄付する日本初の発電所が印南町に誕生します。そして地元企業を生み出す新しい社会貢献のしくみ。日本における「市民コミュニティ財団」設立のモデルとなった(公財)京都地域創造基金理事長・深尾さんの次の一手「非営利型株式会社」に注目です!
講師
 深尾昌峰さん:(公財)京都地域創造基金 理事長/(株)PLUS SOCIAL 代表取締役社長
コーディネーター
 三木保人さん:(一財)わかやま地元力応援基金 理事
 
分科会④「地域課題がヒット商品を生む?寄付付き商品“キフパン”」
 地元密着企業と地元のママ達による新しい商品開発の事例発表です。同じ地元だからこそ生まれる共感と当事者意識。ママ達ならではの発想と課題意識が企業にも新しい風をもたらしています。ウワサの“キフパン“もゲットできるかも!?
講師
 宮所忠喜さん:(有)ヤナギヤ 代表取締役社長
 寺村多喜さん:HML(ハッピーママライフ) 代表
コーディネーター
 志村はるみさん:(一財)ちばのWA地域づくり基金 事務局長
 

3時間目 ー日本中のなうー

分科会A「バンク?ファンド?若者のチャレンジを支える現場から」
 コミュニティ・ユース・バンク momoはこれまで7年間で若者たちの起業などへ8,800万円以上の融資を実施してきました。そして今年(一財)あいちコミュニティ財団を設立されます。木村さんの経験談から「寄付と出資」「助成と融資」、市民活動を支えるお金のしくみと違いを学びます。
講師
 木村真樹さん:コミュニティ・ユース・バンク momo 代表理事
コーディネーター
 藤戸佐千世さん:(一財)わかやま地元力応援基金 理事
 
分科会B「寄付とまちづくり 関わるみんなが豊かになる寄付とは」
 「いいアイデアが出ても、資金どうするの?」の一言で終わってしまう。行政の予算だけに頼るまちづくりはもう限界です。参加の機会としての寄付をどう活用し提案すると効果的か、また企業も一緒に取り組みはじめた那覇のまちづくり事例をお話いただきます。
講師
 小阪亘さん:(公財)みらいファンド沖縄 代表理事
コーディネーター
 筒井和男さん:(一財)わかやま地元力応援基金 理事
 
分科会C「“みんなでつくる”の作り方、教えます」
 (一財)みんなでつくる財団おかやまは、その名の通り若手事業家やショップオーナー、学生等が参加しみんなでつくられた財団です。共感の広め方やその共感をどう寄付に変えているのかなどを、行政職員から華麗なる(!)転身を遂げた石田さんからお聞きします。
講師
 石田篤史さん:(一財)みんなでつくる財団おかやま 代表理事
コーディネーター
 有井安仁さん:(一財)わかやま地元力応援基金 専務理事
 
分科会D「“みんなでつくる”の作り方、教えます」
 日本において最も充実したNPOデータベースである「CANPAN」を運営する立場から、積極的に情報発信することが寄付獲得につながった成功事例をご紹介いただきます。ブログを日々更新することが苦手な方も必聴です。
講師
 日本財団CANPANプロジェクト マネージャー
コーディネーター
 川口充紀さん:(一財)わかやま地元力応援基金 理事
 

 

開催概要

2013年3月21日(木)13:00-17:05
会場:がんこお屋敷・和歌山六三園
定員:100名(受講料無料・事前申し込み)
 

お申し込み

2013年3月14日(木)までに、以下の方法でお申し込みください。
 
①このサイトからお申し込み
こちらのフォームに必要事項をご記入のうえ、送信してください。

申込フォームはこちら

 
②FAXにてお申し込み
チラシ裏面に必要事項をご記入のうえ、FAX  073-423-8355 まで送信してください。
 

みんなの地元力総集編

新しい公共支援事業・「地元力」成果報告書